まずは自分の気持ちを知り転職理由をまとめよう

おさえておくべきポイントはコレ!

サイトについて

女性の社会進出が進む中、転職を考える人も増えています。このサイトでは女性が転職を成功させるために役立つ情報を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。お問い合わせ:josei_no_tensyoku_info【アット】yahoo.co.jp
※【アット】→@

転職理由を上手に話すには

転職理由を上手に話すには

それぞれ抱えている転職理由は当然ながら違います。ですが仕事に対してのネガティブな気持ちから転職を考えた場合、そのまま面接官に話してしまうのはNGです。ここでは、転職理由を面接時に話す際におさえておきたいポイントについて記載していきます。

転職理由を上手に話すには

出来事を中心に話をしましょう

女性の転職には様々な理由がありますが、転職理由で圧倒的に多いのが、「人間関係」です。ですが例え人間関係がこじれて転職を考えていたとしても、面接官に「前職の上司が嫌いだから」などと言ってしまうことはマイナスイメージに直結します。「やり方に納得できない」「気に食わない人がいた」など人のせいにした転職理由は、「この人を採用してもうちで働いている人と上手くやっていけるのか」と会社にとっての不安要素に繋がってしまいます。ですので、面接時では人を中心とした話ではなく、「どうして気に食わなかったのか」「どうして合わなかったのか」と理由を掘り下げてみましょう。そしてその理由から前の職場でできなかったことを挙げて「こういうことを頑張りたいから」とこれからの会社での前向きな姿勢へと変換して話すことが大切です。

転職理由を上手に話すには

ポジティブに変換して話しましょう

例えば「仕事内容に飽きてきたので転職を考えた」としましょう。このままの気持ちを面接官に伝えても、面接官にとってはあなたを採用するための前向きな気持ちに繋がりません。少しネガティブな転職理由だったとしても、「仕事を続ける中で今とは違う内容に興味を持ち始めたので、チャレンジしたいと考えている」と前向きでポジティブな考え方で話をすることで同じ理由であったとしても印象がガラッと変わるのです。

転職理由を上手に話すには

素直に自分の事を伝えましょう

面接に受かりたい気持ちから、嘘の自分をつくったり、面接受けのいい言葉ばかりを選んで話してもあなたの本来の魅力は伝わりません。面接官も、数多くの相手と面接を経験していますので、表面上の嘘は簡単に見抜かれてしまいかえって逆効果です。また面接官が聞きたいのは転職したい具体的な理由なので、「入社したら一生懸命頑張ります」だけでは、「何を頑張るのか」「何を頑張ることで会社に貢献してくれるのか」など、あなたを採用することで会社にどういった影響があるのかイメージできません。
例え自分の中では小さく捉えている経験や実績でも、会社によって求めているスキルは様々ですので大きく評価してくれる場合もあります。なので面接を受ける前にまずは「自分に何が出来るのか」「転職してどういったことがしたいのか」などを具体的に考えてみましょう。事前に自分についてまとめることで、面接時に素直な自分を出すことができます。

キャリアウーマンとして活躍するなら

市場価値を高めよう
市場価値を高めよう

女性が活躍できる環境が増えつつある現代社会において、市場価値の高い女性にはどのような特徴があるのでしょうか。これまでのような女性を戦力として見ない考え方から、女性の感性が最前線で求められる時代へと変わってきています。そんな中で市場価値の高い女性として戦力的に求められる人材になるために、おさえておくべきポイントをいくつかご紹介しています。社会で求められる女性の人物像を知り、転職成功への参考にしてください。

女性が活躍できる職場とは
女性が活躍できる職場とは

最近では社会で活躍する女性が増えてきていますが、そこには家庭や育児と両立しながらでも女性が働きやすい職場環境であるかが大きく影響しています。結婚や育児といった女性にはやむを得ない環境の変化がありますが、それで仕事を諦めなくてもいいように、最近では多くの企業が子育て支援を始めとするサポート環境を整えています。ここでは、転職先が自分にとって働きやすい環境であるかを判断するための参考になる情報を紹介しています。

第一印象はスーツで決まる
第一印象はスーツで決まる

面接では、第一印象でその人の評価が大きく決まってしまいます。第一印象を良いものにして面接に合格するためにスーツの選び方や身だしなみはとても大切です。その際にどのような点に気をつけなければならないのでしょうか。女性の場合であれば、スーツのボトムスはパンツかスカートかの着こなしを始め、髪型やアクセサリーといった所までチェックされていますので、細かい部分まで意識しなければなりません。