今がチャンス!知られざる女性の転職事情とは

おさえておくべきポイントはコレ!

サイトについて

女性の社会進出が進む中、転職を考える人も増えています。このサイトでは女性が転職を成功させるために役立つ情報を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。お問い合わせ:josei_no_tensyoku_info【アット】yahoo.co.jp
※【アット】→@

右肩上がりの今がチャンス

右肩上がりの今がチャンス

20代後半、そして30代になると仕事にも慣れ、仕事に対する方針が明確になってくることで自身が思い描く理想の働き方が変わってきます。そんな中みなさんも転職について一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

右肩上がりの今がチャンス

転職を考える女性は今がチャンス

転職と聞くと、収入が不安定にならないか、新しい職場での人間関係は大丈夫か、などと不安やデメリットが浮かんでくる人も多いと思いますが、アベノミクスの影響からか2013年の春以降、大半の企業の転職環境は右肩上がりとなってきています。今後景気が上がることを見込めるという背景からか、採用を強化していこうという企業が増えています。採用の幅が広がるにつれて女性の働く意識も上がって来ており、女性の採用枠を広げている企業も増えている傾向にあります。そのため転職するかどうか悩んでいる人にとっては、今が自分と向き合って将来を決めるチャンスです。

右肩上がりの今がチャンス

女性が転職を考える理由とは

女性が転職を考えるのは、どのような事情からでしょうか。考えられる理由としては、「キャリアアップや年収アップ」、「精神面での安定やゆとりの確保」、「人間関係に疲れた」、「会社の将来に対する不安」など様々な理由が挙げられます。では実際に転職をすればこのような悩みが解決できるのかというと、必ずしもそうとは言い切れません。転職できる条件や可能性も年齢によって差があります。特に20代と30代では転職事情が大きく違うため、30代で転職を考えるのであればあらかじめ知っておくべき注意点やデメリットもあります。

右肩上がりの今がチャンス

30代の転職で知っておくべき注意点

20代の若手を採用するのとは違いある程度の社会人経験があることから、求められるレベルも高くなります。資格なども含め、前職での実績やスキルを重要視される場合も少なくありません。また、人間関係に疲れて転職を考える人が注意すべき点が、必ずしも転職先でゆとりのある働き方ができる保証はないということ。仮に人間関係は良好になったとしても、職場を変えたことにより新しく覚えなければならないことも出てきますし、今まで以上に労力のかかる職場である可能性も想定して転職を考えなけらばなりません。人間関係は解消しても労働環境で疲れ果ててしまうことになるので、今の現状と比べてどちらが良いかをしっかり調べた上で転職を考えましょう。
また、これは収入面にも同じようなことが言えます。例えキャリアアップしたとしても仕事が増えるだけで収入は変わらない、もしくは下がってしまうケースも考えられます。転職をしたからといって全ての問題が解決するわけではないので、自分にとって優先すべき条件を考えプランを立てて転職活動を検討しましょう。

キャリアウーマンとして活躍するなら

市場価値を高めよう
市場価値を高めよう

女性が活躍できる環境が増えつつある現代社会において、市場価値の高い女性にはどのような特徴があるのでしょうか。これまでのような女性を戦力として見ない考え方から、女性の感性が最前線で求められる時代へと変わってきています。そんな中で市場価値の高い女性として戦力的に求められる人材になるために、おさえておくべきポイントをいくつかご紹介しています。社会で求められる女性の人物像を知り、転職成功への参考にしてください。

女性が活躍できる職場とは
女性が活躍できる職場とは

最近では社会で活躍する女性が増えてきていますが、そこには家庭や育児と両立しながらでも女性が働きやすい職場環境であるかが大きく影響しています。結婚や育児といった女性にはやむを得ない環境の変化がありますが、それで仕事を諦めなくてもいいように、最近では多くの企業が子育て支援を始めとするサポート環境を整えています。ここでは、転職先が自分にとって働きやすい環境であるかを判断するための参考になる情報を紹介しています。

第一印象はスーツで決まる
第一印象はスーツで決まる

面接では、第一印象でその人の評価が大きく決まってしまいます。第一印象を良いものにして面接に合格するためにスーツの選び方や身だしなみはとても大切です。その際にどのような点に気をつけなければならないのでしょうか。女性の場合であれば、スーツのボトムスはパンツかスカートかの着こなしを始め、髪型やアクセサリーといった所までチェックされていますので、細かい部分まで意識しなければなりません。