保育士は子供の成長を見守ることができる女性に人気の職種です

おさえておくべきポイントはコレ!

サイトについて

女性の社会進出が進む中、転職を考える人も増えています。このサイトでは女性が転職を成功させるために役立つ情報を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。お問い合わせ:josei_no_tensyoku_info【アット】yahoo.co.jp
※【アット】→@

子供の成長を見守る「保育士」

子供の成長を見守る「保育士」

保育士の仕事は、保護者の方に代わって子育てをサポートすることです。0歳から5歳の子供たちを対象とし、集団生活において基本となる生活習慣を教育したり、子供たちの身の回りを世話したりお遊戯などをすることで、心と身体の発達をお手伝いすることがメインの仕事になります。

子供の成長を見守る「保育士」

保育士になるには

保育士になるためには資格の取得が必要となり、国家資格である「保育士資格」を取得しなければなりません。保育士資格を取得する為には国家試験に合格するか、「指定保育士養成施設」として指定されている大学、短期大学、専門学校などを卒業する事でも取得できます。保育士の活躍の場は主に保育園や児童福祉施設となります。その他にも保育園と幼稚園が一緒になっている「認定子供園」の設置も近年進んできています。そのため、今まで幼稚園は保育士資格では働くことができなかったのですが、今後は保育士が活躍する場に変化していくことが考えられるため、同業、異業種問わず保育士への転職を考える女性も増えています。

子供の成長を見守る「保育士」

保育士の魅力とは

保育士としての一番の魅力は、やはり成長していく子供の姿を近くで見られることではないでしょうか。保育士は0歳から小学校入学までの6年間、子どもの保育を担うことになります。この6歳までの時期は人間にとって1番成長の大きい時期でもあります。
身体の成長も0歳から6歳児になるにつれて倍以上の成長が見られますが、それだけではなくこれまでできなかったことができるようになる瞬間、つまり子供にとって初めての経験に出会える職業でもあるのです。時に親よりも先に子供が成長する瞬間を見ることができるのです。初めて寝返りをうったり、歩行をしたり、喋ったり、1人でなにかが出来るようになったり、保育士の仕事を通してそういった瞬間に出会うことができます。こういった経験をやりがいにして、保育士を長く続けている人がたくさんいます。
また子供と長い時間を過ごす保育士は、子供にとって影響が強いものです。両親がフルタイムで働いていると少なくとも1日8時間、しかも子供が1番元気で活動的に過ごす時間を5日間一緒に過ごすことになります。そのため、子供にとって良い影響を与え続けなければならない保育士の仕事に責任感を感じ、それを魅力に感じる人も多いのです。また、保護者から感謝される機会も多くあります。子供を預けることだけでなく、子供の成長に大きな影響を与える保育士の存在は働く親にとって重要です。時には育児のプロとしてアドバイスや相談をする立場でもあるため、感謝の言葉を頂ける機会が多いのです。

キャリアウーマンとして活躍するなら

市場価値を高めよう
市場価値を高めよう

女性が活躍できる環境が増えつつある現代社会において、市場価値の高い女性にはどのような特徴があるのでしょうか。これまでのような女性を戦力として見ない考え方から、女性の感性が最前線で求められる時代へと変わってきています。そんな中で市場価値の高い女性として戦力的に求められる人材になるために、おさえておくべきポイントをいくつかご紹介しています。社会で求められる女性の人物像を知り、転職成功への参考にしてください。

女性が活躍できる職場とは
女性が活躍できる職場とは

最近では社会で活躍する女性が増えてきていますが、そこには家庭や育児と両立しながらでも女性が働きやすい職場環境であるかが大きく影響しています。結婚や育児といった女性にはやむを得ない環境の変化がありますが、それで仕事を諦めなくてもいいように、最近では多くの企業が子育て支援を始めとするサポート環境を整えています。ここでは、転職先が自分にとって働きやすい環境であるかを判断するための参考になる情報を紹介しています。

第一印象はスーツで決まる
第一印象はスーツで決まる

面接では、第一印象でその人の評価が大きく決まってしまいます。第一印象を良いものにして面接に合格するためにスーツの選び方や身だしなみはとても大切です。その際にどのような点に気をつけなければならないのでしょうか。女性の場合であれば、スーツのボトムスはパンツかスカートかの着こなしを始め、髪型やアクセサリーといった所までチェックされていますので、細かい部分まで意識しなければなりません。